作業員

退治と蜂の巣撤去には周囲を含めた危機管理が重要

コストと手間と危険性

散布機

蜂の巣や蜂退治を行なうときには、防護服やゴーグルが必要になります。防護服は破かれたり、穴が開けられないように丈夫な生地を使ったものを選ぶのが重要です。薄い生地だと退治中に蜂の針が、服を貫通して肌に刺さります。一度刺されただけでは、致死量まで毒を注入されることはありません。しかし、以前に刺されたことがあったり、毒に対してアレルギーがあるとアナフィラキシーショックにより、死に至る危険性があります。そのため蜂の巣撤去や退治には、針を通さない厚手の生地を使った防護服が必要なのです。また少し厚めの生地でも油断はできません。スズメバチの顎はかなり強靭です。スズメバチは肉食であり、甲虫や虫の外殻をバリバリ噛み砕いて食べます。それに耐久できる素材でなければ、退治している間に服を食い破り、その間から潜り込んで針を刺す恐れがあります。蜂の巣を剥ぎ取っているときや、袋に詰めている間に服の下に入り込んでいることもあるのです。そのため、隙間がない防護服を利用することも重要です。また蜂の巣を入れる袋も針や顎で噛み切られたりしない素材を選ばないと、残った蜂に襲われる恐れがあります。素材に拘ると、そう何度も使わないのに出費が大きくなることもあるので、防護服を用意するよりも全てまとめて依頼をする方が簡単で安全でもあります。道具の準備や手間をかけるコストと労力に見合っているのかも考えた方が良いでしょう。まずは無料見積りから相談してみましょう。