作業員

退治と蜂の巣撤去には周囲を含めた危機管理が重要

コストと手間と危険性

散布機

蜂の巣撤去に必要な防護服やゴーグル、巣を捨てる袋などのコストや、手間を考えると専門の会社に退治を依頼する方がお得なこともあります。必要アイテムと、危険性、手間を天秤にかけて考えてみましょう。

読んでみよう

駆除の時期を考える

bee

蜂の巣作りのスケジュールを把握しておくことで、自己で退治できるかどうかを理解することができます。蜂のスケジュールがラストスパートになっている秋は、もっとも危険なので駆除は専門会社に相談しましょう。

読んでみよう

自己防衛手段を知る

man

退治が終わるまでは、蜂の巣周辺での行動に慎重さを持ちましょう。危険性を理解した行動が被害を最小限に抑えます。攻撃される要因を理解しておけば、自衛にもなります。しかし、秋までには駆除をしましょう。

読んでみよう

周囲にも注意する必要

man

夏や秋によく見られる蜂の巣ですが、撤去にはかなりの危険が伴います。蜂の巣を撤去するには周囲にも気を配る必要があります。蜂の巣撤去作業中に近くを人が通るような環境は危険極まりないと言えるでしょう。とくに警戒範囲が広くなっている秋には、作業している人間だけでなく、蜂の巣から少し離れている見物人や通行人にまでも、蜂の攻撃が及ぶ恐れがあります。そのため、人通りの少ない時間に行なうことが重要です。蜂の巣はサイズによっては1人で撤去することができない場合もあります。働き蜂を退治し、いざ蜂の巣を撤去しようとしたら重くて作業が上手く進まない場合もあるのです。蜂の巣の重さは8kgにもなる場合があります。巣が作られる場所は、軒下や木など少し高い位置がほとんどなので、落下の際に重力による負荷も追加される恐れがあります。そうなると1人で撤去するには難しいでしょう。さらに働き蜂の退治をして後にも、残党の蜂が帰ってくる恐れもあります。短時間で退治し、撤去を済ませるにはスムーズな作業を行なうことが必要なのです。まごまごしていると、撤去作業が進みません。危険な状態で断念せざるえないことも考えられます。蜂の退治をする場合には、入念な準備と効率的な作業が大事です。経験豊富な駆除専門会社に相談や依頼して解決してもらいましょう。防護服や周囲への注意や、巣の廃棄など結果的に見ると依頼する方が、金額や手間を安く抑えることができる場合もあります。